設立趣意書

1.趣意
  近年、我が国における都市化や生活の利便性といった社会環境の変化は、ここ地方都市弘前にも何らかの影響を及ぼしています。 しかし、少子高齢化、生活水準の向上、自由時間の増大、仕事中心から生活重視への価値観の変化等を地方の現状から考えてみますと、少子高 齢化を除いた場合、一方では、健康の保持・増進や生涯スポーツを生活の一部としてとらえ、積極的に参画している様子が見られる反面、もう一方 では、景気の低迷から仕事中心の生活を余儀なくされ、体と心のゆとりを持つことさえ難しい現状も見られ、それらは大きく二極化していることも事実です。
  さらに視点を変えてみますと、地方におけるスポーツ環境を取り巻く様々な組織や指導者の硬直化、施設利用の際の不自由さ等は 、スポーツ環境の整備を進めるにあたり障害となり、健康づくりや文化としてのスポーツ活動の重要性を妨げやもしない状況にあります。 
  このような中、私たちは地域の若者を中心にスポーツを通じた地域コミュニティの活性化を目的として「スポネット弘前」を設立し、生涯スポーツの普及や、キッズスポーツひろばの開催などの活動を続けてきました。
  これからは今まで培ってきた活動をより発展・継続させ、社会や行政と連携 、協働しながら、スポーツ振興はもとより、スポーツを通じた「まちづくりの推進」「子どもの健全育成」「スポーツ環境の整備に関する事業 」を推進し、いつでも、どこでも、だれでもが、楽しくスポーツできる場や環境を築いていくことを目的に「特定非営利活動法人スポネット弘前」 を設立します。

 

2.申請に至るまでの経緯

平成15年11月 スポネット弘前設立準備として青森県教育委員会主催 総合型地域スポーツクラブ クラブマネジャー養成講習会参加
平成15年12月 クラブ設立に向けたワークショップの開催
平成16年04月 スポネット弘前としての活動開始
(テニス部門、ニュースポーツ部門、バスケットボール部門、イベント部門)
平成16年08月 文部科学省主催 クラブマネジャー養成講習会参加
平成16年09月 NPO法人設立に向けた全体会議の開催
平成16年10月 NPO法人設立準備委員会開催(全体会議 全2回)
平成16年11月 NPO法人設立準備委員会開催(全体会議 全4回)
平成16年
12月8日
特定非営利活動法人スポネット弘前設立総会開催

 

平成16年12月8日
特定非営利活動法人 スポネット弘前 
設立代表者  清水 紀人